Q2018

Last-modified: Sun, 06 Mar 2016 17:21:12 JST (1015d)

カテゴリー

問題

映画『魔女の宅急便』。「宅急便」の商標名の使用料は?①ジブリがヤマトに払い続けている;②ヤマトがスポンサーなので使用料免除;③適用範囲が違うので使用料は発生しない;④2015年現在も裁判中

正解

③が正解です。

解説

商標は申請の際に適用範囲を決めておくことになっており、ヤマト運輸が登録を受けていた「宅急便」の商標の中にはアニメ関係の分野は含まれていませんでした。後年、スタジオジブリが映画関連グッズの販売を意識したのか、「魔女の宅急便」という商標を登録しています。

とはいえ、スタジオジブリが映画化すると決まった際には、真っ先にヤマト運輸に製作委員会入りを打診したとのことです。

出典

基準日

2015.11.10