Q2205

Last-modified: Wed, 24 Aug 2016 07:54:52 JST (634d)

カテゴリー

問題

全49チームで行われる「夏の甲子園」、試合は全部で何試合ある?

正解

毎年、全部で48試合です。

解説

高校野球で(に限らず様々な大会で)採用されている「勝ち残りトーナメント方式」では優勝が決まるまで、1試合行うごとにぴったり1チームが敗退してフィールドを去っていきます。そうすると、49チームのトーナメントで最後の1チームが優勝と決まるまでには、49-1=48試合 が行われることになります。

それでいて、夏の甲子園には「敗者復活戦」「3位決定戦」といった、一度どこかの段階で負けたチームが再度試合を行うルールはありませんので、この「48試合」という数字がそのまま、トータルの試合数になります。

基準日

2016.08.24